地図を見ます

パンコール(Pangkor)島

漁村とリゾート施設が混在するチャーミングなパンコールは、便利で魅力満載の観光地です。漁業を営む人々の生活を垣間見るめったにない機会があります。また、美しいビーチやリゾート施設もお楽しみいただけます。

漁師たちは、ルム(Lumut)とテル・バティク(Teluk Batik)に向かいあう島の東側に点在する居住地で暮らしています。ルムから出発する40分間のフェリーの旅の途中パンコールに到着するまでに、主な居住地であるスンガイ・ピナン・ケシル(Sungai Pinang Kecil)とスンガイ・ピナン・ベサール(Sungai Pinang Besar)に停泊するため、漁師たちに会うことができるかもしれません。

パンコールの二カ所の人気のビーチエリアであるパシール・ボガ(Pasir Bogak)とテル・ニパ(Teluk Nipah)では、スキューバダイビング、スノーケリング、ウィンドサーフィン、釣りなど、太陽と海を存分に満喫できるアクティビティーが楽しめます。パシール・ボガは開発が比較的進んでいますが、テル・ニパにはカンプンの村の雰囲気が残っています。「タートルベイ」とも呼ばれるテル・ケタパン(Teluk Ketapang)には、現在でもカメが産卵のためにやって来ます。この島のリゾート施設の中には、敷地内にゴルフコースを設置している所もあります。

ここに到達する

海路
パンコールには、ルム(Lumut)からフェリーで40分です。フェリーは30分ごとに運航しています。


空路
民間航空会社「ベルジャヤ・エア」が、クアラルンプール郊外のスルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港からパンコールまで、週に5便運行しています。

ノース・サウス・エクスプレスウェイに乗り、ペラの方角に北へと進んでください。ビドール(Bidor)の料金所を出て、その後は幹線道路を走ります。「Pelabuhan Lumut」または「Lumut Naval Base」と書いてある看板に従って進み、テル・インタン(Teluk Intan)、シティアワン(Sitiawan)、プラウ・パンコール(Pulau Pangkor)まで案内板に沿って進んでください。


陸路
ノース・サウス・エクスプレスウェイに乗り、ペラの方角に北へと進んでください。ビドール(Bidor)の料金所を出て、その後は幹線道路を走ります。「Pelabuhan Lumut」または「Lumut Naval Base」と書いてある看板に従って進み、テル・インタン(Teluk Intan)、シティアワン(Sitiawan)、プラウ・パンコール(Pulau Pangkor)まで案内板に沿って進んでください。

誰が問合せ先に

Tourism Malaysia State Office

電話番号: +605-255 2772/9962
電子メール: mtpbperak@tourism.gov.my

Recommended Travel Packages
More Packages

Room Rate

Rooms

滞在する場所

Disclaimer Tourism Malaysia does not warrant the accuracy, completeness and usefulness of the information provided herein inclusive but not limited to resorts and hotels. The Users shall not be entitled to claim detrimental reliance on any information, products, statements provided or expressed or to claim that there is a duty on the part of Tourism Malaysia to update materials provided here by EXPEDIA.