ティオマン(Tioman)島

パハンの約56km沖合にあるティオマン島は、南シナ海に浮かぶ、休暇を過ごすのに格好の魅力あふれるパラダイスです。世界で最も素晴らしい憩いの島と言われています。ティオマン島は、1959年のハリウッドミュージカル「サウスパシフィック」の舞台となりました。

伝説によると、この島は、神話上の龍の姫が永遠の眠りについている場所と言われています。温かい透明な海が、この島をダイバーのパラダイスにしています。

カラフルなヤギ目ウミウチワやミドリイシ、ウミウシ、美しく形成された海綿などの圧巻の風景を発見してください。

巨大なメガネモチノウオ、コガネアジ、カンムリブダイ、タカサゴの群れと一緒にスノーケリングで泳ぐこともできます。

この島は、太陽の下でのんびりした時間を過ごすことのできるのどかな場所です。エメラルド色の海で泳ぎ、ビーチを散策し、波の音を聞きながら眠りにつくことができます。湾岸線に沿って村がいくつか点在しています。比較的大きな村は、サラン(Salang)、テケ(Tekek)、ゲンティン(Genting)、パヤ(Paya)、ジュアラ(Juara)です。

村ごとに異なるユニークな雰囲気があります。ティオマンの緑深い草原は、様々な植物や蝶々やオオトカゲ、シカ、サルなどの小動物が生息する場所となっています。ここに生息する動植物は、「ナショナルジオグラフィック」誌で特集されたこともあります。

花崗岩の層が、この島をロッククライミングに最適な場所にしています。冒険好きな方は、「龍の角」として知られる伝説のグノン・ネネ・セムク(Gunung Nenek Semukut)の切り立った岸壁に挑戦することもできます。ベルジャヤ・ティオマン・ビーチ(Berjaya Tioman Beach)、ゴルフ&スパリゾートでは、緩やかに起伏する丘陵と美しい風景を背景に、ぜいたくな宿泊をお楽しみください。

ここに到達する

陸路
ジョホールバルからはテブラウ(Tebrau)ハイウェイに乗り、コタ・ティンギ(Kota Tinggi)を経由してメルシン(Mersing)に向かってください。クアラルンプールからはカラク(Karak)ハイウェイに乗り、 テメルロー(Temerloh)、クアンタン(Kuantan)、ペカン(Pekan)、クアラロンピン(Kuala Rompin)、タンジュン・ゲム(Tanjung Gemuk)を通ってメルシンに向かいます。またPLUSハイウェイにのり、クアラルンプールからセレンバン(Seremban)、バハウ(Bahau)、ムアザム・シャー(Muadzam Shah)、クアラロンピン(Kuala Rompin)、タンジュン・ゲム(Tanjung Gemuk)を経由してメルシンに行く方法もあります。


公共交通機関
シンガポールのニュートン・サーカス・コートおよびジャラン・スルタン・バスステーションからエクスプレスバスを利用することができます。クアラルンプールからは、プドゥラヤ・バスステーションからバスまたはタクシーを利用することができます。バスは、正午および午後11時30分に出発します。タクシーはいつでも利用することができます。所要時間は、約5~6時間です。


海路
ティオマンへは、パハン(Pahang)のタンジュン・ゲモおよびジョホールのメルシンから船で行くことができます。所要時間は約1.5時間です。


空路
ベルジャヤ航空が、クアラルンプールおよびシンガポールからティオマンまでの直行便を毎日運航しています。所要フライト時間は45分です。

誰が問合せ先に

Tourism Malaysia Pahang

Address:
Lot G.01, Bangunan Mahkota Square, Jalan Mahkota, 25000 Kuantan, Pahang

Phone: +609-517 7111 / 112
Fax: +609-517 7114
Visit website

Recommended Travel Packages
More Packages

Room Rate

Rooms

滞在する場所

Disclaimer Tourism Malaysia does not warrant the accuracy, completeness and usefulness of the information provided herein inclusive but not limited to resorts and hotels. The Users shall not be entitled to claim detrimental reliance on any information, products, statements provided or expressed or to claim that there is a duty on the part of Tourism Malaysia to update materials provided here by EXPEDIA.